TOKIO VOL.13
75/452

※体格差、姿勢変化考慮は、自然着座時の平均値をベースに体格差や姿勢による 変形の大きかった部位をさらに削り込んだ形状です。実験に使用した座面データ処理の基準位置坐骨結節部基準臀部後端基準自然着座時の平均値比較①比較②体格差、姿勢変化考慮比較③提案形状比較①比較③比較②提案形状比較①、②は予備実験で評価の高かった座面、比較③、提案形状は予備実験の結果をもとに改良した座面形状です。比較②提案形状比較①比較③74TOKIO | FurnitureCatalog | Vol.13デスク・昇降テーブルミーティングテーブルミーティングチェア折りイス・丸イス応接ロビー・ラウンジパネル・パーティション福祉・医療・子供アクセサリーレセプションレセプションオフィスチェアロッカー・金庫・ラック

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 75

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です