TOKIO VOL.13
6/452

無意識に“くつろいでしまう”目と体に優しい好バランスあくまでも気分転換の場所なので、カラーはナチュラル系が おすすめです。なおミドルバックのチェアなら体を委ねてくつろげるだけでなく、空間全体に色のアクセントとリズム、程よい抜け感を演出。くつろげるチェアが、仕事にメリハリを与えます。空間に溶け込むデザインで気分のリセットを自然に促すPCが並ぶワークスペースから一変、太陽光を上手く取り入れた開放的なリラックススペースは、心身ともにリラックス効果が期待できます。清涼感のあるカラー、すっきりとした景観を保つフレームの家具は、心休まるムードを演出します。ON/OFFを効果的に切り替えるリラックススペースのカタチ。DtheoryDiv theory.1気分転換しやすい空間Diversiontheory.25TOKIO | FurnitureCatalog | Vol.13

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 6

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です