TOKIO VOL.13
46/452

「立ったり、座ったり、 また集まって」多様化するワークスタイルにフレキシブルに対応。デスクやテーブルの天板の高さを電動昇降装置(ダブルモーター)によりスムーズに調節することで、自分の働きやすいスタイルや、理想的なワークスペースを創造できます。気分や状況に合わせて姿勢をとれることに加え、個人の体格差を補い最適な姿勢を保てますので、快適且つ効率的なオフィス環境を創り出すことができます。Office DeskオフィスデスクFWD高さ調節機能スイッチで天板の高さを調節できます。高さ調節範囲 650~1250mm衝突防止機能コントロールボックスは、動作中に障害物(衝突)を感知するとストップし、操作の反対方向に約40mm戻る機能を標準装備しております。下方向に約+40㎏、上方向に約+20㎏の圧力で動作します。この動作は自動的に行われます。オプション(衝突感知センサー)を装備すると微小な振動も感知し作動します。(P46)配線口(アルミ製配線口が標準装備)FWD-187・167・147・127 FWD-1890標準スイッチ天板下のシンプルな上下ボタンのみの標準スイッチです。配線用フック天板裏のフックで配線コードをすっきりとまとめます。電動式高さ調節機能で天板の高さを自由に調節。※チェアはFCM-71(P85)参照 1250〜650mmPOINT45TOKIO | FurnitureCatalog | Vol.13

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 46

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です