TOKIO VOL.13
4/452

Diversion気分転換しやすい空間DtheoryAmenity快適性を感じる空間ワークスタイルが多様化する現代。その中で企業が成長し続けるために不可欠な「社員が働きやすいオフィス」へのニーズが年々高まっています。TOKIOは「Diversion(気分転換)・Amenity(快適性)・Talking(対話)・Exercise(運動)」の4つのキーワードから【DデートATEの法則】と名付け、効果的なオフィス家具の利用と配置により社員1人ひとりが働きやすい環境を作ることが、生産性や企業力の底上げにつながると考えます。パフォーマンス性の高い家具と実用性のあるアレンジで、理想のオフィスをカタチに。"DATE"の法則。デートオフィス家具で生産性を高める、theory of the"DATE"Talking対話が生まれる空間Exercise運動を促す空間TtheoryAtheoryEtheory3TOKIO | FurnitureCatalog | Vol.13

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 4

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です