TOKIO VOL.13
21/452

用途や好みに合った家具こそ快適性を生む同じフロア内でも、作業内容や使用用途によってデスクとスツールを変える。このメリハリが、気持ちの切替えだけでなく立つ・座る動作を多様にし、身体に無理のない刺激を与えます。健康のバロメーターは負担が少ない美しい姿勢美しく快適な作業姿勢も、健康維持の秘訣。ハイスツールは上半身を良い姿勢に保ちやすく、また高さ調節ができるデスクなら個々のベストな高さで使用することができます。20TOKIO | FurnitureCatalog | Vol.13

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 21

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です