TOKIO VOL.13
17/452

気軽に会話ができるフラットな環境をわざわざ個室を設けなくても、スツールのデザインと 配置次第でミーティングなどができる環境は整えられます。簡易的スペースだからこそ、より会話しやすいというメリットも。相手との距離を縮める空間を意図したインテリア密に対話するには、囲い込みタイプのソファや対面できるテーブルが有効的です。そこに緊張感を和らげる演出として、リラックスできる色や柔らかなシルエットを取り入れるとさらに効果的。16TOKIO | FurnitureCatalog | Vol.13

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 17

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です