TOKIO VOL.13
13/452

環境に適した家具配置が思考をクリアにする環境を変えることによって新たな思考が生まれることはよくあります。景色を眺められる窓際で作業したり、長時間作業の合間に足を伸ばせる家具を配置したりすることで、思考がクリアになり、作業効率も上がります。プライベート感と集中力2つを保つ理想的デスクデスクトップパネルの活用で、いっそう快適なワークスペースを確保。イスに座りデスクに向かうだけで集中できる環境は、気持ちの切替えが容易な上、周囲との距離が適度に保たれます。12TOKIO | FurnitureCatalog | Vol.13

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 13

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です